041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム株も上昇を期待しています。

ベトナム株も長い間冬眠していましたが、いよいよ500を超え、
期待が高まって来ました。

はやく元の状態を回復してほしいですね。
スポンサーサイト

テーマ:株式・FX・投資・マネー最新情報
ジャンル:株式・投資・マネー

ベトナム株価情報


500台回復か

 ↓クリック ここのベトナム株価指数で最新指数の確認ができます。 
 vnindex.png


http://www.viet-kabu.com/





12年ベトナム貿易収支は7.8億ドルの黒字

[ハノイ 16日 ロイター] ベトナム税関当局は16日、2012年の貿易収支が7億8000万ドルの黒字となったことを明らかにした。貿易収支が黒字となるのは1993年以来。黒字額は、政府の推定値(2億8400万ドル)のほぼ3倍となった。

2012年の輸出は前年比18.2%増の1146億ドル、輸入は6.6%増の1138億ドルだった。

ベトナム、9.3%の通貨切り下げ

【ハノイ】ベトナム国家銀行(中央銀行)は11日付で同国通貨ドンの対ドル公定相場を1米ドル=1万8932ドンから2万0693ドンに切り下げた。切り下げ幅は9.3%。多額の貿易赤字を抱える同国の通貨に対する市場の信頼感の欠如を受けた形だ。


Reuters

 同中銀によると、通貨切り下げは、外貨の需給状況に沿ったものであり、国内外為市場の流動性拡大を狙っているという。貿易赤字抑制にも貢献する見通しだという。

 今回の措置は、ベトナム政府が経済成長を優先した結果、経済に生じたひずみを浮き彫りにしている。緩和的な金融政策と財政赤字は景気を強めたが、一方でインフレ高進や貿易赤字の一因となった。

 1月のインフレ率は12.17%と、前月の11.75%から上昇した。1月の貿易赤字は10億ドル。前月も12億9400万ドルの赤字だった。

投資会社社長、事実認める ベトナム未公開株詐欺事件


ベトナム未公開株などの出資金名目で計2500万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた投資会社「JAM」の社長網中徳次被告(55)の初公判が10日、千葉地裁(根本渉裁判長)で開かれ、網中被告は起訴内容を「間違いないです」と認めた。

 検察側は冒頭陳述で、2007年11月から08年4月までの間に出資金として口座に入金された約8億2千万円のうち、実際に運用されたのは約1億1500万円のみだったと指摘。出資者に無断で外国為替証拠金取引(FX)への投資に流用したり、会社の経費や車の購入代に充てていたと述べた。

 起訴状によると、網中被告は08年1月から4月にかけて、「ベトナム未公開株を運用すれば資金が2~3倍になる」「日経225の運用でたくさんの人がもうかっている」などとうそを言って、全国各地に住む22人から計2500万円をだまし取ったとされる。

2009/09/10 17:40 【共同通信】

★気を付けましょう。


菱ふそう、ベトナムから大量受注 トラック販売 新興国シフト


三菱ふそうトラック・バスは7日、ベトナム政府から小型トラック「キャンター」を630台受注したことを明らかにした。1回の受注規模としては、最大になる。国内でのトラック販売が長期低迷するなかでの大量受注で、新興国シフトがさらに強まりそうだ。

 三菱ふそうは大量受注を受け、川崎工場(川崎市中原区)で生産を進めており、一部納車を開始している。同社の小型トラック国内生産台数(1~7月)は前年同期比40%減の約1万4000台で、そのうち輸出は約5割を占める。今回のベトナム政府発注は輸出の約1割を占める規模になる。

 トラック業界は、国内販売の落ち込みが著しい。トラック大手4社の国内普通トラック販売台数(4~8月)は54.3%減で、底打ちの兆しが見えていない。一方、新興国を中心にした海外向けは7月以降改善の兆しを見せている。

 ベトナム市場は7月ごろから物流や公共事業を中心に販売台数が増えつつある。ベトナム、ミャンマー、タイ、ラオス4カ国を横断する物流網「東西回廊」(全長約1450キロ)を中心に公共事業が急ピッチで進んでおり、トラック需要が拡大している。加えてベトナム政府が環境や安全性への取り組みを強め、中古車の輸入規制強化を進めており、新車需要が伸長することも見込まれる。

 ベトナムでは、日野自動車が2008年に小型トラック「300シリーズ」(日本名・デュトロ)の製造販売を開始し、09年度は販売目標を1400台に設定。6月までは販売が低迷していたが、7月は前年比40%増、8月は80%増となるなど急回復を見せ、目標を上回る公算が大きい。

NEC、ベトナム第二位の携帯電話事業者から無線通信システム「PASOLINK NEO」を受注


Tokyo, Sept 8, 2009 - (JCN Newswire) - NEC(TSE:6701)はこのたび、ベトナム第二位の携帯電話事業者であるVietnam Mobile Telecom Services Company (ベトナムモバイルテレコムサービスカンパニー、本社:ハノイ、代表:Le Ngoc Minh(レ・ゴック・ミン)氏、以下VMS社)から、超小型マイクロ波通信システム「PASOLINK(パソリンク)NEO」約4,000台を受注しました。

VMS社は、ベトナム第二位の携帯電話事業者であり、約2,900万人の加入者を有し(注1)、本年後半には3Gサービスを開始する予定です。今回受注したPASOLINK NEOはVMS社の3Gの携帯電話基地局間や基地局と制御装置間等の通信手段として活用される予定であり、ベトナム全土に納入されます。

NECは、ベトナムの現行7社の携帯電話事業者のうち6社にPASOLINKを納めるなど、同国において、小型マイクロ波通信分野では7割を越す圧倒的なシェアを誇っています。VMS社へも、2006年よりパソリンクを納入し、累計約2万台納入しています。このような実績及び製品への信頼性が、今回の受注に結びついたものと考えています。

PASOLINK NEOは、伝送容量の拡大や対応する通信方式の追加などを、新たなハードウェアを追加することなく、ソフトウェアによるアップグレードのみで、簡単かつ安価に行えることを最大の特長としています。これにより、事業者は通信需要の増加などにあわせて柔軟にネットワークを強化していくことが可能になります。

また、NECグループ内での一貫生産体制が製品の高い信頼性に結びついており、平均故障間隔時間(Mean Time Between Failures)は100年以上と圧倒的な優位性を誇っています。

急増する携帯電話加入者数、モバイルインターネットサービスの世界的な拡大、ブロードバンドアクセス市場の立ち上がりにより、基地局等の接続手段としてPASOLINKへの需要および高性能化への要求が益々高まることが予想されます。当社は超小型マイクロ波通信システムのリーディングカンパニーとして、今後も製品開発・販売を積極的に行ってまいります。

(注1)2008年12月末時点(ベトナム情報通信省発表値)

詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.nec.co.jp/press/ja/0909/0801.html

鉄道関連の一角高い・ベトナム新幹線整備に民間資金導入の方針と伝わる


日本車輌製造(7102)、近畿車輛(7122)など鉄道関連株の一角が堅調。ベトナム政府は日本の新幹線方式を採用する見通しの南北高速鉄道に民間資金を導入する方針を固めたと報じられ、手掛り材料となっている。

公的資金だけではプロジェクトの実現は困難と判断、日本企業を含む民間の協力で事業費の約3割を賄う。企業が車両などを調達し、鉄道路線を一定期間運営し収益を上げた後にベトナム側に譲渡する「BOT(建設・運営・譲渡)」方式の採用が有力。最大の障害だった資金計画の骨格が固まったことで事業は具体化に向けて動き出し、日本企業の商機も大きくなってきたという。

また、別の報道では、国土交通省は、官民が連携して車両や建設技術など日本の新幹線にかかわる技術を海外へ本格的に売り込むため、9月1日から専門の部署として「鉄道国際戦略室」を設けることになった、と報じられた。

日本車輌の株価は13時31分現在632円(△17円)。近畿車輛は870円(△28円)。

[ベトナム株]VN指数、引け値は546.78ポイント

31日のホーチミン市場で、VN指数は前日比10.25ポイント(1.91%)高い546.78ポイントで引けた。売買代金は3兆1421億ドン。

 売買高上位では、サイゴン商信株式商業銀行[銘柄コードSTB]が2.62%高いドン高い39.1ドン、サイゴン証券[SSI]が4.79%高い76.5ドン、ベトファンドマネジメント1[VFMVF1]が2.68%高い15.3ドンで引けた。

 値上がり銘柄数が143銘柄、値下がり銘柄数は11銘柄。

(タイ支局/2009年8月31日)

世銀、教育分野に1.77億ドル融資

世界銀行(WB)とベトナム国家銀行(中央銀行)は21日、教育分野のプログラム2件に対する融資協定に調印した。総融資額は1億7700万米ドル(約170億円)。1件は「2009~15年期における35省市での学校教育の質保証プログラム」で、1億2700万米ドル(約120億円)を充てる。貧困地域の小学校教育の質を改善することが目的。もう1件は「大学教育発展プログラム(第1期)」で、5000万米ドル(約47億円)を政府の大学教育刷新案の実施に充てる。
(提供:「VIETJO ベトナムニュース」と「ベトナム株情報」)

[ベトナム株]8月のCPI、前月比0.24ポイント上昇

統計総局によると、8月の消費者物価指数(CPI)は前月に比べ0.24ポイント上昇した。前年末比では3.47%の上昇。前月比の上昇幅が最も大きいのは交通手段・郵便の1.31%、次いで住宅・建設資材の0.93%。一方、食品・外食サービスは2カ月連続のマイナス(-0.08%)となった。統計総局は、9月のCPIも0.3~0.4%の微増にとどまり、年間インフレ率は10%未満になると予測している。
(提供:「VIETJO ベトナムニュース」と「ベトナム株情報」)

ベトナム旅行者のご紹介


VN指数は3.01%高

日のホーチミン市場で、VN指数は前日比13.40ポイント(3.01%)高い458.19ポイントで引けた。売買代金は2兆94億ドンで2兆ドン超え。

 売買高上位では、サイゴン商信株式商業銀行[銘柄コードSTB]が1.3ドン高い30.2ドン、サイゴン証券[同SSI]は3.0ドン高い69.0ドン、ベトファンドマネジメント1[同VFMVF1]は0.5ドン高い10.7ドンで引けた。

 値上がり銘柄数が160銘柄、値下がり銘柄数は4銘柄。

(タイ支局/2009年6月4日)

2009年最初の取引は反落 商いも薄く

2009年1月2日のホーチミン市場でVN指数は反落した。VM指数は前日比2.28ポイント(0.72%)安の313.34ポイントで、2009年の初日の取引を終えた。VN指数は3ポイントの安値で始まり、その後小幅な値動きを繰り返しながら、第3セッションに僅かに戻す展開となった。

 商いは薄く、売買代金は前営業日比78%減の1310億5263万ドン(約14億円)、売買高が前営業日比74%減の563万1050株と低水準。一方、外国人投資は買い注文が100万8520株、売り注文が42万9040株と5日買い越しを続けた。

 売買高上位では、ファーライ火力発電[銘柄コードPPC]が800ドン高、サイゴン商信株式商業銀行[同STB]が100ドン安、ベトナム電気建設[同VNE]が300ドン高った。値上がり銘柄は70、値下がりが58、変わらずが46だった。

(ホーチミン支局/2009年1月2日)

[ベトナム株]VN指数は大幅に3日続伸 外国人も3日買越す

30日のホーチミン市場でVN指数は大幅に3日続伸。大引けは前日比7.76ポイント(2.51%)高の316.32ポイントとなった。VN指数は高値で始まり、その後も上げ幅を広げていく展開。

 商いは大幅に膨らみ、売買代金は前日比110%増の4387億8898万ドン(約23億円)、売買高が前日比80%増の1549万3001株となった。また、外国人投資も買い注文が341万8600株、売り注文代金が178万7580株と3日買い越しを続けた。

 売買高上位では、サイゴン商信株式商業銀行[銘柄コードSTB]が600ドン高、ペトロベトナムファイナンス[同PVF]が700ドン高、ホアファットグループ[同HPG]が1000ドン高った。値上がり銘柄は129、値下がりが23、変わらずが22だった。

(ホーチミン支局/2008年12月30日)


プロフィール

Vietnam.info

Author:Vietnam.info
ベトナムに魅力を感じ
投資をしています。

リーマンショク以降低迷しましたが
回復して来ました。
脱中国でこれから面白くなるでしょう。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ベトナム株の本

ベトナムカウンター

にほんブログ村に参加

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

プロフェッショナル株式情報

ネットで副業

格安レンタルサーバー

関連情報サイトへクリック

ブロとも申請フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。