091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年前の中国、好条件の揃ったベトナム未公開株投資

新興国への投資は、早い時期に投資すると、上記銘柄のような恩恵を受けることが証明されています。今、タイムカプセルに乗って、5年前、10年前に戻ることができたら、上記のような銘柄に誰でも投資するはずです。なぜなら、株価が上昇することがわかっているからです。しかし、過去に戻ることはできません。では、他の方法として、5年前、10年前の中国と同じ状況の国を探せばいいのです。その国が、ベトナムだと思います。

  現在のベトナムも10年前の中国と同様、更なる発展が期待できる要素が揃っています。国有企業の改革、WTO(世界貿易機関)加盟、海外からの間接投資、直接投資の拡大、高い経済成長率、拡大する株式市場など、10年前の中国に似ています。新興国ベトナムに早い時期に投資すれば、10年前の中国株に投資した同じ効果が期待できると思います。2006年後半以降、ベトナム株の株価が急上昇しています。

  ベトナムには、株式投資すれば誰でも儲かるという神話が起こっており、買いが買いを呼ぶ強気相場になっています。ベトナム上場株は、PER(株価収益率)50倍、60倍という非常に割高な水準に達しています。PER60倍の株価を購入して、PER120倍の2倍になることは考えにくいと思います。ベトナム株で利益を得るには、ベトナム未公開株でPER10倍以下の株価を入手することが秘訣だと思います。ベトナム株価水準がPER60倍だとして、PER10倍で割安に購入した株をPER60倍の株価で、上場初日に売却すれば、6倍の利益を出すことができます。話半分でも3倍の利益になります。


  雑誌、テレビなどでベトナム株人気が高まり、各証券会社は、ベトナム株ファンドを募集すれば、数十億円―数百億円のお金を集めることができました。ところが、投資資金を集めることはできたのですが、ベトナム株に投資できる銘柄がないのが現状です。ベトナム株は、外国人が購入できる割合は、上限49%というルールがあります。すでに優良銘柄の外国人枠は上限に達しております。そのため、日本のベトナム株ファンドの現金保有率が高いという現象が起こっており、ベトナム株インデックスより運用成績が悪い状況となっているとも言います。

  これらの状況を払拭し、利益を出せる可能性を高めたのが、ベトナム未公開株ファンドになります。ベトナム未公開株ファンドは、100%未公開株になります。大富豪華僑と太い人脈を持ち、ベトナム有力ビジネスマンとの人脈を持つ高橋守氏が1-3年後に上場する未公開株数社を購入できる約束をほぼ取り付けています。

1.大富豪華僑・有力ビジネスマンとの人脈
2.IPO価格より割安な株価で購入
3.強気相場
4.新興国への早期投資に対する先行利益

  四つの条件を兼ね備えた株に投資すれば利益を出す可能性が非常に高くなると考えております。このようなチャンスは、なかなかやって来ないと思います。チャンスを見つける情報力、そのチャンスを活かす行動、そして、投資する勇気があれば、掴むことができると思います。実際、私は、中国株投資家人口約2万人のとき、勇気を振り絞って中国株に投資しました。その結果、ここ最近の中国株の株価上昇により、資産1億円を達成することができました。是非、みなさんもチャンスを掴んでみて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

Vietnam.info

Author:Vietnam.info
ベトナムに魅力を感じ
投資をしています。

リーマンショク以降低迷しましたが
回復して来ました。
脱中国でこれから面白くなるでしょう。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ベトナム株の本

ベトナムカウンター

にほんブログ村に参加

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

プロフェッショナル株式情報

ネットで副業

格安レンタルサーバー

関連情報サイトへクリック

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。