091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム:小売店、テナント料が高騰し郊外へ

外国小売企業のベトナム進出が加速するなか、国内企業による事業規模拡大も増加している。

 国内最大の買い物天国ホーチミン市には、Thuong xa Tax、Parkson、Diamond Plaza、Eden Mall、Saigon Square等のショッピングセンターがある。不動産業者によると市内で賃貸可能な物件は逼迫しており、小売用スペースの月額賃貸料は、2006年の平均80ドル/㎡から現在は100~120ドル/㎡になっている。中心部の好立地となればさらに高く、150~170ドル/㎡になる。

 不動産コンサルティング会社CB Richard Ellisの調査によると、現在貸し出されている商業施設の総面積は9万㎡で、2008年までに新たに約15万㎡が増加するが、これでもニーズに応えきれないと見られる。

 国内最大手小売4社Phu Thai、Saigon Co.op、HapPro、Satraは最近、株式会社VDAを設立した。市場シェア60%獲得を目指しているが、スペース確保が課題だという。Phu Thaiグループ社長によると、市中心部は、すでに外国企業に抑えられている。

 長期的視野から郊外に移動する企業もある。郊外では賃貸価格が安く、十分なスペースが確保できる。郊外型で代表的なのがMetroで、広い土地を都市部で探すのは不可能というのが理由だ。

 Saigon Co.op、Vinatex、家電販売店など一部の国内小売業者も、Dong Nai省やBinh Duong省などの労働者の多い工業団地や、住宅地に近接したところで店舗を拡大している
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

Vietnam.info

Author:Vietnam.info
ベトナムに魅力を感じ
投資をしています。

リーマンショク以降低迷しましたが
回復して来ました。
脱中国でこれから面白くなるでしょう。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ベトナム株の本

ベトナムカウンター

にほんブログ村に参加

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

プロフェッショナル株式情報

ネットで副業

格安レンタルサーバー

関連情報サイトへクリック

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。