091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金総書記、ベトナムを答礼訪問

北朝鮮・金正日(キム・ジョンイル)国防委員長が「ベトナム答礼訪問」の要請を受け入れた。国営ベトナム通信が18日に報じた。

ベトナム共産党トップとしては50年ぶりに北朝鮮を公式訪問したノン・ドク・マイン書記長が17日、金総書記との会談で金総書記のベトナム訪問を正式に要請したという。94年に金日成(キム・イルソン)主席が死去した後政権を取った金委員長が、中国とロシア以外の国家を訪問したことはない。

そのため専門家らは、ベトナム訪問が実現する場合、北朝鮮の外交パラダイムの変化を意味するもの、と分析している。故金日成主席や金委員長は、独特の志向とセキュリティー上の問題を理由に鉄道旅行を固守してきた。金委員長がベトナムへ向かう際、飛行機に乗ることも可能だが、中国大陸の鉄道・高速道路を利用することもできる。

50年間も相互訪問がなかった「未知の国家」を訪れる特別な目標があるのでは、という見方も出ている。これに対し、高麗(コリョ)大のキム・ソンハン教授は「ソウルを経由しようがベトナム・ハノイを経由しようが、金委員長の最終の目的地は米ワシントンだろう」とし「米国も訪問できるという暗示」と述べた。

金委員長にとってベトナムはどんな国だろうか。北朝鮮とベトナムには、国土分断以降米国との戦争を経験した、という歴史的な共通点がある。ベトナムは「過去は忘れないものの、こだわらない」という実用主義に基づき、終戦から約20年後に米国との国交正常化を実現した。「ドイムイ(Doi Moi、刷新)」と呼ばれる包括的な改革政策と、対米関係の改善という政治的決断を通じ、高度成長・対外開放の道を開いたのだ。

86年に採択したドイモイが即時経済成長につながったわけではない。同じ社会主義国家の中国との関係が冷え込み、社会主義の宗主国・旧ソ連も解体した状況で、ベトナムには資本導入に向けた新たなパートナーが必要とされた。ベトナムのリーダーらは米国を選んだ。米国との国交正常化を通じ体制安定が立証付けられれば、様々な国から資本が入ってくるだろう、と判断したのだ。

韓国労働研究院・圭植(ペ・ギュシク)研究委員は「米国と国交正常化した後ベトナムには日本・台湾・シンガポール・韓国などアジアの資本が入り、成長に弾みがついた」とし「北朝鮮もそうしたベトナムの道を選ぶのが現実的だ」と指摘した。したがって、朝・米国交正常化に努める金委員長の視線は「ベトナムモデル」に向けられている可能性がある。

ベトナムも「反米情緒」を体制維持の軸にしていたことから、敵対関係をやめ和解に至った「関係転換のノウハウ」に金委員長が注目するだろうとのこと。金委員長は、南北(韓国・北朝鮮)首脳会談で盧(ノ)大統領に「米国の態度を前向きに評価する。今回は米国も誠意を見せているようだ」と述べた。金委員長の究極的関心を示す部分であり、ベトナム訪問に結びつけられる発言でもある。

鄭桓(チョン・ヨンファン)記者
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

Vietnam.info

Author:Vietnam.info
ベトナムに魅力を感じ
投資をしています。

リーマンショク以降低迷しましたが
回復して来ました。
脱中国でこれから面白くなるでしょう。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ベトナム株の本

ベトナムカウンター

にほんブログ村に参加

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

プロフェッショナル株式情報

ネットで副業

格安レンタルサーバー

関連情報サイトへクリック

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。