091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記者がみたベトナムシリーズ

名古屋鉄道の名古屋駅を午前7時9分に出発した8両編成の快速特急は、満席の乗客を乗せ、定刻通り午前7時38分に中部国際空港に到着した。出国手続きを済ませ、真っ先に取り組んだのは、台湾のパソコンメーカーASUS(アスース)が1月25日に日本国内で発売した低価格パソコン「Eee-PC」のインターネットへの接続だ。

 手間取るかと思ったら、まったく問題がなかった。国内の主な空港には公衆無線LANが整備されている。中部国際空港には駐機場などが見渡せる窓際に、パソコン作業用の電源コンセントがついた丸テーブルが並んでいる。メールをチェックし、返事を書いて、午前10時の出発時刻を待った。

 途中で乗り換えのために立ち寄った台北の空港はややくたびれた感じ。デューティーフリーショップでの買い物客はまばらだった。書店をのぞいてみたが、ベストセラーコーナーでのビジネス書のナンバーワンは、グリーンスパン米連邦準備理事会(FRB)前議長の自伝の中国語版だった。第2位は証券投資で大金持ちになる方法といったいでたちの本だった。

つづきはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

Vietnam.info

Author:Vietnam.info
ベトナムに魅力を感じ
投資をしています。

リーマンショク以降低迷しましたが
回復して来ました。
脱中国でこれから面白くなるでしょう。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ベトナム株の本

ベトナムカウンター

にほんブログ村に参加

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ

プロフェッショナル株式情報

ネットで副業

格安レンタルサーバー

関連情報サイトへクリック

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。